メインイメージ画像

ウェディングドレスをレンタルするなら早めの予約が必要です

花嫁衣裳の定番である、ウェディングドレスは買う、レンタルする、の主に2タイプの調達方法があります。購入は、自分だけの一着を手にしたい、思い出として保管したいと言う人によく選ばれています。その代わり保管場所を確保しないといけないですし、メンテナンスも考えておくのが必要です。

人生に一度の結婚式にしか着用しないので、なるべく結婚式の予算を控えめにしたいと言う方には、レンタルがよく選ばれているようです。レンタルなら購入するよりお値段が控えめですし、結婚式で着用した後は返すだけ、保管場所の確保もメンテナンスも不要でもたつかないです。

購入したウェディングドレスを結婚式場に持込みすると、別料金が発生することがありますが、レンタルなら料金に含まれていることが多いです。節約に成功した結婚式の費用を新郎新婦二人の新しい生活の資金や、ハネムーン資金などに転じさせることが出来ます。

レンタルでは、様々なデザインや種類のウェディングドレスをご用意しているので、お好みに合わせて選択できます。レンタルショップで着てみて、お気に入りの一着を探せるのも利点です。

実際に着用される時は、完全予約制のレンタルショップが多いので、時間をかけて探すことが出来ます。サイズも多様に揃えていますが、お好みのウェディングドレスで少しサイズが違うと言う時は、手直しすることも出来る場合があります。その代わりに人気のあるデザインのウェディングドレスがあっても、別の新婦さんにレンタル中でご利用できないと言うことがあります。そのような時は、早めに予約を入れることでレンタル中を避けることが可能です。

目安は結婚式から半年くらい前に予約すると良いでしょう。

試着は1着当たりで相当時間が掛かるので、時間のある日に予約を入れることになりますが、土日は予約がたくさん入る可能性が高いので、平日に時間を空けられるのであれば平日に予約を入れた方が得策です。2時間もあれば4着から5着くらいは試着をすることが可能だと思います。デザインの種類があり過ぎて選べない際は、レンタルショップのプロに全て任せると言う方法もあります。